Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリーklomの独り言

ふきのとう

倉庫へ行く途中、部落で唯一の八百屋の前にある自動販売機前で車を止め、コーヒーを買う。

自動販売機の後ろから「よお!」という声。

熊撃ちのおやじがにっこりと笑っている。

開いた口から疎らな歯がのぞく。

「仕事か」

「うん、これから倉庫に行くとこ、あんたは」

「失業中。林業センターの嘱託社員は、11月から3月まではみんな失業よ」

「半年働いて半年遊ぶって最高だ」

「馬鹿野郎!」と言いながらおやじが笑う。

「岩魚どうだった」と僕。

「ちびっこいのばっかりで駄目よ」とまた笑う。

「今年は春が早いね」と明るい声が聞こえた。八百屋のおばさんだ。

見ると裏の畑にでふきのとうを採っている。

いつもなら3月末まで雪に覆われる大地。

それがすっかり顔を出して、陽光を浴びている。

ふきのとうは黒々とした大地で笑う。

僕も笑った。「さあ、仕事だ」


よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2010年03月03日 | Comment(3) | TrackBack(0)