Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリー古本屋店主見習日記

古本買取_小矢部市

先日、小矢部市のほうに古本買取に行ってきました。
お父様が亡くなられて、蔵書整理との事。お伺いすると2階の20畳ぐらいの板の間にダンボールにつめた本がおいてありました。
宗教、哲学、音楽関係の専門書と沢山の研究雑誌。小説類も多少ありました。
浄土真宗、親鸞、蓮如関係の専門書にはかなり線引きがあり、熱心に研究されていた跡がうかがい知れました。
ざっと数えて5000冊程度、一度には運びきれませんので、お客様のご都合に合わせて、2日で運搬終了となりました。雑誌が半数を占め、宗教関係の本には線引きが多く見られたため思ったほど高額の買取にはなりませんでしたが、音楽関係では素晴らしい蔵書を多くいただくことができました。ありがとうございました。
倉庫は、買取した古本で埋まり、すごいことになってしみました。何とかしなければなりません。


よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2012年01月29日 | Comment(0) | TrackBack(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。