Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリーねぇ、ねぇ

ねぇ、ねぇ

poo.gif
ねぇ。ねぇ。誰か、いる。僕だよ、プーだよ。
今、中陰っていうところにいるんだ。
どういうわけだかブログが書けるんだ。
肉球が一個足りないんじゃないかって突っ込みはやめてね。皮膚がんになって手術したんだ。
ほかにもがんが転移したんだ。去年の夏ごろから、吐き気が止まらなくって大変だったんだよ。
今年の1月には食事も取れなくなって、病院にいったんだ。お医者さんは暗い顔をして、ローズに話してた。もう長くないってね。
僕は、食欲がなく、ふらふらだったけど、よろよろよろけながら歩いて、物陰でじっとしてた。
離れてすんでいる長男の歩も見舞いにやって来てくれた。でも、僕にはスリスリする元気も残ってなかったんだ。
そんな僕をローズとモルクが物陰から引っ張り出して、お医者さんからもらったステロイドと栄養分をシリンジで口に入れてくれた。そんな大切なものだって知らないから、僕はものすごく抵抗したんだ。だけど、2人にしっかり押さえられて、飲み下しているうちに、不思議なことだけど、少しずつ元気が出てきた。そして、とうとう、歩けるようにもなったんだ。でも、今まで食べてた硬くて丸い食事は食べれないもんだから、ローズが、僕の大好きな、ぶりの刺身や焼いたカマスを食べさせてくれた。すると、ますます元気がでてきた。
1月に「プー、桜が咲くまでがんばれよ」って言ってくれてたモルクと、春には桜も見ることができるようになったんだ。
食事も柔らかくていい匂いがするものに変わってから、少しは食べられるようになったんだよ。前は6kgあった体重は3.5kgぐらいかな。ぱっと見は「あれ、プー。ライザップでダイエットしてきたの」って言われるくらいすっきりしたんだよ。
でも、遅咲きの八重桜が散ってしまった後、僕の体調は日に日に悪くなっていったんだ。吐き気が強くなるし、食欲もまた無くなってきたんだ。5月の連休が終わるころには大好きなぶりの刺身や焼いたカマスも食べられなくなっちゃった。気がついたら、僕は物陰にうずくまってる。
心配したローズが医者に連れて行ってくれた。でも、どうする事もできないんだ。点滴をうってもらい帰ってきた。僕は、意識がはっきりしなくて、動くこともできなくなった。心配して覗き込むローズの顔がボーっと見える。僕の名前を呼んでるけど、顔も上げられないんだ。体の奥の方がぎゅーっと絞られるような感じ。まったく力が入らない。
その晩、ローズは僕をベッドまで連れて行ってくれた。いつものようにローズと一緒に眠った。珍しく、夢は見なかった。
朝、目が覚めたら、ローズが心配そうに僕の顔を覗き込んでた。モルクがシリンジで水を持ってきてくれた。それをローズが少し飲ませてくれた。
僕が覚えているのはそこまで。

その後は、真っ暗で、宙ぶらりん。

でも、今は、もう、大丈夫。僕はとりあえず元気だよ。ローズ。
お土産に持たせてくれた焼きカマスありがとう。

よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2016年05月12日 | Comment(0)

Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリーねぇ、ねぇ

ねぇ、ねぇ 2

poo.gifねぇ。ねぇ。誰か、いる。僕だよ、プーだよ。
今、中陰っていうところにいるんだ。
どういうわけだかブログが書けるんだ。
シリンジの水を飲ませてもらってからしばらくして。体がぎゅっと痙攣したかと思うと、目を開けてるのに何にも見えなくなったんだ。あたりは真っ暗。怖くて「ローズ」って叫ぼうと思っても口が動かないんだ。手も足も動かない。空っぽの暗闇の中で、体の重さも感じないし、痛さも無い。まるで、さなぎになった芋虫のような気分だ。でも、芋虫が本当はどんな気分だか知らないんだけどね。なんだか、そんな気がするんだ、芋虫の気分だってね。そうこうしてるうちに、お腹の辺りがむずがゆくなり、泡のような塊がゆっくりとみぞおち、胸、のどを通って上がってくる。なんてこった、最後は猫の額ほどの僕の小さな額に集まってきたよ。どうするんだい、こんな狭いところで。
すると、沢山の泡が、左回りにくるくると回り始めて、やがて、どんどん小さくなって、スッと、体の外に抜け出したんだ。
すると、僕の目の前に僕がいた。じっとして動かない。そばにローズがいて、じっとして動かない僕を、いや、もうそれは僕じゃないから、じっとして動かない元の僕を優しくなでながら泣いているんだ。
僕は甘えた声で鳴いて見せたけど、どうやら、ローズには聞こえないらしい。そこで、ローズの背中を右手で触ろうとしたんだけど、するっとローズの体を通り抜けてしまうんだ。
その時になってようやく、僕は、自分が死んでしまったんだって気づいたんだ。
気づくの遅すぎーなんて突っ込まないでね。なんたって僕は猫なんだから、それほど頭の回転は速くないんだ。
しばらくすると、強い力に吸い寄せられるようにして、真っ暗な闇の中を通り過ぎ、僕の19本の指で数えられるよりもうーんと長くたってから、何にもない荒れた土地に着いたんだ。ハリーポッターのポートキーみたいな感じでね。
夕方みたいに薄暗く、あたりには猫の子一匹いないんだ。草や木も無く、星も月も無く、雲も風も無いんだよ。乾燥した赤い土がずっと向こうの方まで、ずっと、ずっと続いているんだ。僕はとっても心細くなって「誰かいませんか。ローズ助けて!」って叫んだけど、返事は無い。余計に、心細くなって、涙がどんどんどんどん出てくるんだ。涙をぬぐっても、ぬぐっても、ボロボロ、ボロボロこぼれてくるんだ。

どれだけ歩いたかわからないけど、涙でかすんだ世界の、遠くのほうに高い山が見えてきた。
僕は、何かに吸い寄せられるように、どんどん、どんどん、山のほうに歩いたんだ。

でも、今は、もう、大丈夫。僕はとりあえず元気だよ。ローズ。
お土産に持たせてくれた焼きカマスありがとう。

よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2016年05月13日 | Comment(0)

Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリーねぇ、ねぇ

ねえ、ねえ 3

poo.gifねぇ。ねぇ。誰か、いる。僕だよ、プーだよ。
今、中陰っていうところにいるんだ。
どういうわけだかブログが書けるんだ。

近いように思ったけど、山はとっても遠いんだ。いくら歩いても近づいてこない。僕はすっかり疲れてしまい、地べたにへたり込んだ。小さな岩があったので何とかそこまでたどり着き、岩陰で横になったんだ。いつの間にか眠ってた。
地震のような大きなゆれの後、真っ暗な世界の天井が突然ぱっくりと割れた。一瞬、世界が真っ白になったよ。それから、3人の女の子の顔がぼんやりと見えてきた。その中の一人は見覚えがあるぞ。そうだローズの娘のサキちゃんだ。あとは、確か近所のヒカルちゃんとヨッちゃん。代わりばんこに、ダンボールの中に顔を突っ込み、中にいる僕を覗き込んでる。
「ねえ、子猫だよ」
「わぁ、ちっちゃい」
「真っ黒だね」
「元気なさそう」
「鼻水たらしてる」
「お腹すいてそうだね」
「どうする」
「かわいそうだから家に持ってく」
わいわいと話しながら、しばらくダンボールの中で揺られていた僕は、真新しい家の玄関先で、小さなお皿に入れた牛乳を舐めていた。お腹がぺこぺこだったので、何度も何度もお代わりしてもらった。
お腹が一杯になったらぐっすり眠ってしまった。そんな日が3日ぐらい続いた後で、僕は別の家に連れてこられた。そこで、初めてダンボールから部屋の中に出されたんだ。
その時初めてローズに会った。
ローズは僕の鼻水をぬぐい、目やにを拭いた後で、体を、お湯で絞ったタオルで綺麗に拭いてくれた。そんな事は初めてだったので、僕はとってもすっきりして、身も心も元気な気分になったんだ。ローズの旦那さんのモルク、長男のアユム、長女のサキが代わりばんこに僕を覗き込み、体をなでてくれたんだ。
それまでずっとダンボールの中で寒い思いをしていた僕は、生まれて初めて、温もりってものを感じたよ。僕以外の生き物の温もり。そう、生きてるってことは温かいことなんだな。温かいってことが生きてるってことなんだなぁってね。
生まれて3週間ぐらいの僕がこんな事を考えられるはずは無いけど、感じることはできたんだ。きっと。だから、その温かさは今も忘れない。そう、世界は捨てたもんじゃない。
まぁ、僕は捨てられちゃったけどね。
「捨てられる猫があれば、拾われる猫もあるって事」

そしたら、突然、ニャって声が聞こえた。
あれって振り向くと、そこにメス猫がいる。しきりに僕のお尻の匂いを嗅ぎ、舐めまわしてくる。名前はクッキー。1年前にアユムが拾ってきた茶トラの猫。その晩、僕はクッキーに抱かれてとっても幸せだった。

でも、その晩ローズと子ども達の話が聞こえてきた。

「家にはもう、クッキーがいるから、2匹飼うのは無理ね。とりあえず預ったけど、誰か飼ってくれる人を探しましょうね」
「エッ〜。家で飼おうよ」
「そうゆうわけにはいかないわ」

しばらくたって僕はまた知らないお家に連れて行かれた。そこの奥さんはつい最近飼い猫をなくしたばかりで、寂しくて僕を飼ってみようと思ってくれたらしいんだ。
でも、2,3日で又、ローズの家に帰ってきた。

その晩子ども達の話し声が聞こえた。

「なんで、戻ってきたのかな。鼻水たらしてるし、目やにでてるし、真っ黒でかっこ悪いからかな」
「さっき、母さんに聞いたんだけどね。死んだ猫の事が忘れられなくて、新しい猫を飼うのはやっぱり無理だって」
「それじゃ、家で飼う事になるのかな」
「でも、クッキーがいるから」
「母さんに聞いてみよ」

2人は子供部屋から台所に降りてきて、ローズに話しかけた。


よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2016年05月14日 | Comment(0)

Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリーねぇ、ねぇ

ねぇ、ねぇ 4

poo.gifねぇ。ねぇ。誰か、いる。僕だよ、プーだよ。
今、中陰っていうところにいるんだ。
どういうわけだかブログが書けるんだ。

「ねぇ、母さん。あの子猫どうなるの」
「こまったわねえ」
「家で飼おうよ」
「でも、クッキーがいるわ」
「でも、ほら、見て。クッキーはまるでお母さんみたいにお世話してるわ」
「ほんと、お母さんみたいだね」
「このままだと、どこにも行き場所が無いみたいだし、家で飼う事にしましようかね」
「わーぃ」

「だったら、今まで、チビって呼んでたけど、ちゃんと名前を考えてあげなきゃね」
「チップがいい」
「どおして」
「だって、私、チョコチップクッキーが大好きだもん」
「今、家にいるのがクッキーでしょ。このチビがチップ。もしかして、もう1匹やってきたら、それがチョコよ」
「そうね、それがいいわ。じゃあチビの名前はチップね」
「わーぃ。チップとクッキーだ」

どうやら僕はチップという名前をもらったらしい。まぁ、チビよりいいかもね。僕はこの家の猫になったんだ。これからはずっとここで暮らしていくんだ。みんなと一緒に。僕は窓際の座布団の上でクッキーと寄り添って眠った。

次の朝、サキが僕を見て悲鳴を上げた。
「母さん、チップが大変。お尻からなんか出てる」
「うんちでしょ」
「違う、ひも見たいに長い」
「あら、ほんと、なんだろう」
「虫じゃないか。サナダムシとか長いのいるだろう」
「こわ〜ぃ」

ローズは玄関の方に行って、前に僕が入っていたダンボールを持ってきた。
そして、その中に僕を入れた。
真っ暗なダンボールの中で、僕は怯えていた。あぁ、又、捨てられちゃう。やだぁ〜。

僕の入ったダンボールは車に乗せられ、ずいぶん遠くまで運ばれた。きっとどこかの公園に捨てられちゃうんだ、まさか、保健所には連れて行かないよね。あぁ、どっちにしても僕の猫人生はお終いだ。
車が止まった。
僕は観念した。
幸せだったここ数日のことが走馬灯のように流れていく。

ダンボールのふたが開いた。
白いビニール手袋が伸びてきて、僕を捕まえた。
あぁ、保健所か、殺される。
僕は、大きな台の上に乗せられた。白っぽい部屋。白衣を着た男の人が僕のお尻の辺りをしばらく触っていたかと思ったら、スーッと細長いものを引っ張り出した。それから、僕の肩の辺りに、尖った物を刺した。チクッと痛かったけど、死にはしなかった。

「注射を打っときました。後、薬を2,3日飲ませてください。もう大丈夫ですから。」
「先生、どうもありがとうございます」

それは、病院というものだった。犬や猫を診る専門の病院があるなんて、僕はなんて幸せなんだろう。ローズに言わせると健康保険が利かないのが難点らしいんだ。人間よりお金がかかるらしい。申し訳ないにゃん。

虫が取れてからというもの、食欲も増して、僕はどんどん大きくなっていったんだ。
そして、あっという間に1年が過ぎ。気がついたら僕はクッキーよりも大きくなってたんだ。すごいでしょう。すっかり立派なオス猫に成長したんだ。

でも、それが、クッキーとの楽しい日々を奪っていくなんて思ってもみなかった。


よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2016年05月15日 | Comment(0)

Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリーねぇ、ねぇ

ねぇ、ねぇ 5

poo.gifねぇ。ねぇ。誰か、いる。僕だよ、プーだよ。
今、中陰っていうところにいるんだ。
どういうわけだかブログが書けるんだ。

僕がクッキーより大きくなった翌年の春から、クッキーの態度が急に変わった。
僕が近づくと「シャー」と叫んで、あっちへ行け、近寄るなっていうんだ。
今までみたいに仲良くしたいのに、すっかり嫌われ者になっちゃったんだ。
いつも、夜は一緒に寝てたのに・・・。

仕方が無いので、それ以来、夜はローズのベットで寝ることにしたんだ。でも、クッキーと違ってローズはでかいから、寝返りをうたれたりすると、押しつぶされそうで、最初は怖かったよ。でも、ローズはいい匂いがして優しく撫でてくれるから、僕はローズのベットがすっかり気に入ったんだ。
でも、時々雷が鳴るような音がして飛び起きることがあるんだよ。最初はなんだか分からなかったけど、いびきってやつなんだ。僕らも、時々いびきはかくけど。人間のいびきは桁違いに大きく響き渡るのでビックリするんだ。最初のいうちはクッキーが母さんのような気がしてたけど。それからは、ローズが僕の母さんになったんだ。
朝起きると、ベットを出て、台所ヘ向かうんだ。朝ごはんを食べにね。でも、ご飯が無いときがあるんだ。そんな時は、ベッドまで戻って、「ねぇ、ねぁ」と右手でローズの頭をトントンする。ローズが台所に行けば僕も台所。トイレに行けばトイレの前、お風呂に行けばお風呂の前で、出てくるのを待ってるんだ。外に出たくなったら、「ねぇ、ねぇ」とローズの肩を叩く。すると、ローズが台所のドアを開けて、外に出してくれる。夕食の時は、サキとアユムの間に座り団らんに参加するって具合で、僕はすっかり家族の一員になったんだ。モルクはたまに乱暴をするけど、皆、優しくて僕を家族として扱ってくれるんだ。
クッキーは僕と違って、どちらかといえば人嫌いなところがあって、いつも、皆から離れてる。相変わらず「シャー、シャー」言われて、困ってしまうんだ。仲良くしたいのに。

家には梁が2本むき出しに出てるので、その上は安全地帯。さすがのモルクもそこにいれば手が出せない。モルクから逃げるには絶好の場所。僕は、梁の上でいつものように昼寝してたんだ。そしたら、屋根に太陽が落っこちてきたような大きな音がして、家がグラッと揺れたと思ったら僕はゴロリと転がって、梁から滑り落ちてしまった、あわてて、前足で梁をつかもうとしたけど、つめの先がかすっただけ。「あぁ、駄目だ。助けて〜」と叫んだ瞬間目が覚めた。

夢から覚めたら、目の前には、真っ赤な顔をした大きな鬼が立っていた。髪の毛はボサボサで、天に向かって角が生えてる。筋肉がもりもりで、血管がはちきれそう。真っ黒でとげとげの付いた金棒をどんどんと地面に叩きつけて、僕を睨みつけている。

「やばい、殺される。ローズ助けて〜」


よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2016年05月16日 | Comment(0)