Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリー日帰り温泉

長野 戸倉観世温泉

千曲市を通ると吸い寄せられるように向かってしまう。朝は5時からやっているし、共同浴場の入浴料が300円と財布に優しいのだ。わずかに緑がかった、弱アルカリの硫黄泉。外見も中身も昭和の銭湯のようだが、このお湯が極上。極上すぎるんです。
周りの壁3面にからんが並び、浴室中央にタイル張りの浴槽。湯温は42度程度。端には4人定員程度のヒノキのこじんまりしたぬる湯。源泉がどんどんかけ流されています。夜遅くに入ることが多いが、いつも10人以下でゆっくりヒノキ風呂につかり、たゆたっています。
あつ湯好みの人はここではなくて、500mほど離れた万葉超音波温泉へ行ってください。
こちらは浴槽が3つ。奥には超あつ湯の源泉。私は絶対入れません。45度以上あると思います。真ん中が超音波というか泡がぼこぼこ出ているジャグジーのような浴槽。手前が浅いぬる湯。こちらの方が大抵混んでいて、ゆっくり、まったりするなら観世温泉がおすすめ。でも万葉超音波温泉は4:00〜23:00と営業時間が長いので便利なことも。

5:00〜22:00(1,3月休み)
入浴料 300円
施設 3
泉質 5
露天 なし



よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2015年10月10日 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。