Posted by molk at 古本買取「創育の森」|カテゴリー日帰り温泉

新潟県 関川村 湯沢温泉 湯沢共同浴場 

関川村の道の駅周辺には共同浴場が3か所ある。少し遠いが駐車場があるらしいので、湯沢共同浴場に向かう。
男湯のドアを開けると右手のドア越しに管理人らしき人が6畳ほどの部屋でテレビを見ている。入湯料をどおしたらいいかわからなかったのでドアを開けて聞いてみる。言われた場所を見てみるとお金の投入口がある。そこに200円を入れると、管理人の部屋の容器に収まり、それを管理人がチェックしているようだ。更衣室は6畳程度で左手の壁に棚が造り付けになっている。引き戸を開けて中に入ると先客が一人。左手にからんが2か所。右手に定員3名程度の少し深めの浴槽。41度程度のお湯で心地よい。ほぼ無味無臭で特に硫黄臭も感じないPH7.5程度の優しいお湯だ。源泉かけ流し、無加水、塩素消毒。と書いてあったが塩素臭もしなかった。単純温泉といっていいのではないだろうか。
先客は横浜から夫婦で来ていて、温泉に詳しく、関川では湯沢の共同浴場が一番利用しやすいと言っていた。やはり10台程度止められる駐車場があるからだろう。
先客と入れ違いに、地元のお年寄りが3人登場。20数名の組合員で運営している、かなり歴史のある共同浴場らしい。共同浴場はどこも早朝からやっているのでありがたい。

営業時間 午前6時〜午後6時
定休日 なし
入湯料 200円
施設 3
泉質 3 単純温泉
露天 なし  

よろしければ応援クリックお願いします→人気blogランキング参加中
2015年10月14日 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。